トップページ

耳の症状(聞こえ・かゆみ・痛み・耳漏)だけでなく、
耳垢のお掃除だけでも受診OKです。
風邪の症状(鼻汁・咳・痰・咽頭痛・声がかすれる)や
アレルギー性鼻炎(花粉症)の検査や治療はお任せください。

アレルギー性鼻炎の検査には主に2種類あります。
皮膚検査(スクラッチテスト)は痛くないので、3歳ころから可能です。
前腕に検査液を1滴たらしてひっかき、杉や雑草の花粉・ダニについて調べることができます。

血液検査では杉・ひのき・ダニ・イネ科やキク科の花粉など10種類以上について詳細に調べることができます。(血液型も検査できます)

鼻水・くしゃみ と 鼻づまり には別々の薬が必要です。
1日1回~2回の内服で効果が期待でき、眠気のない薬もあります。
妊娠中・授乳中や内服薬を希望されない方には点鼻薬(鼻スプレー)・点眼薬を処方します。
点眼薬にはコンタクトレンズ装用のまま使用できるタイプもあります。

アレルゲン免疫療法(杉花粉・ダニの舌下免疫療法)を行っています。
杉花粉の舌下免疫療法(シダキュア2000JAU)は、杉花粉の飛散終了まで
開始できませんので、新規処方は2024年6月~約半年間になります。
しかし、製薬会社からの通知ではシダキュア2000JAUは2023年から
限定出荷のままであり、ほとんど処方ができない状況です。
シダキュア(5000JAU)を継続している方は今まで通り処方可能です。

 

新型コロナウイルスやインフルエンザウィルスに対する 検査や治療をしておりませんので、処置やネブライザーは行わない場合があります。

患者さんにはマスクの着用をお願いします。受付時にアルコール手指消毒をしていただきます。

床面積35平方メートル,天井高4メートル強の広い空間の待合室です。
3方向の窓を開けて常時換気しています

お一人ごとに手袋を交換、アルコールで手指消毒をして診察します。

耳の診察は、(患者さんには)マスクをつけたまま受けていただきます。

鼻や咽の診察は、医療技術を用いて飛沫が生じないように細心の注意を払って行います。

すべての器具は1回のみの使用としており、圧蒸気滅菌や消毒薬で清潔にしています。

 

天井高は4m強と空間的にも広い待合室。

 

  •  
  •  

右奥が中待合室です。